コンテンツ

あぐらが楽になる身体の作り方

投稿日:

 

とある居酒屋での出来事。
古くからの友人と呑みに行く約束をしたので
池袋の和風漂うレトロな居酒屋へ。

テーブル席が満員ということで
店員さんに座敷の席へ案内され
座敷の席で呑むことに。

 

ただ友人は何だか気に食わぬ表情。

 

僕「どうした?」

友人「いや、別に」

僕「別にじゃなくて、何かあった?」

友人「いや、俺、身体硬くて、
   あぐらかけないんよ、、、」

僕「マジかよ、お前まだ24だぞ、、」

 

正直驚きました。
あぐらがかけない人が若い年代にも
いるんだということ。

 

そしてあまり考えたことなかったが
あぐらをかけないって相当不便。

 

なんか、意外と恥ずかしくて、
更に辛いですよね?

 

特に硬いパンツを履いている時は
もっとあぐらがかきづらくて
足がつりそうになるほどの
力を入れるのでは?

 

座敷の席がまだ多い日本にいながら
あぐらをかけないと美味しいご飯も
辛くて美味しく食べられない。

何度も座る姿勢を変えなくてはいけない。

それはかなり億劫なはず。

 

ならば、あぐらをかけるように
すればいい。

それにはあぐらをかけない原因に着目した
「ストレッチ」と「筋トレ(といっても全くハードではない)」をする必要があります。

 

あぐらがかけない原因

 

あぐらをかけないのには
様々な原因があります。

 

代表的なのは

・お尻が硬い(腰が痛くなりやすい人)

・内ももが硬い(内ももが垂れている人や
        膝が痛い人)

・座った時に骨盤を立たせる力がない
 (猫背の人)

 

あなたはどれに該当すると
思いますか?

 

これらの現象は基本的に股関節周りの筋肉が
「硬くなっている」のと「弱っている」事の
負の組み合わせによってあぐらが
かけなくなっているのです。

 

「あぐらがかけない」の改善方法

 

改善方法は

「硬くなっている」はストレッチ

「弱っている」は運動

 

この因果関係は覆せない。

おそらくあなたもお分かりでしょう。

 

では具体的にどのような
「ストレッチ」と「運動」を
するのかお伝えします。

 

ストレッチ編

 

家でできるストレッチ
お尻
1.寝た状態で片脚を膝にかける
2.1の状態から足を手で抱える
3.できるだけ胸に引き寄せる

内もも
1.仰向けになって壁に脚を乗せる
  (膝は伸ばした状態)
2.1の状態からいけるところまで足を開く
3.重力に任せてリラックスしよう

股関節
1.足の裏と裏を合わせる
2.頭の位置をできるだけ高くする
3.可能ならばそのまま身体を倒す

オフィスでできるストレッチ
お尻
1.足を膝にかける
2.できるだけ頭の位置を高くする
3.可能ならば身体を前に倒す

内もも
1.座ったまま膝を開く
2.両手で膝を外へ押す
3.2の状態から肩を内へ入れる

股関節
1.椅子に浅く座り、片脚を伸ばす
2.頭の位置をできるだけ高くする
3.可能な限り身体を前に倒す

運動編

 

家でできる運動

 

骨盤の運動
1.バランスボールに座る
2.お尻でボールを前後に転がす
3.2が慣れたらお尻でボールを
  回してみよう

股関節の運動
1.横向きになり膝は90°
  股関節は45°に曲げる
2.膝だけを離すように股を開いていく
3.状態は真っ直ぐを保ったまま行う

 
 
オフィスでできる運動
骨盤の運動
1.背筋を丸めて、伸ばしてを
  繰り返す
2.伸ばす時はお尻を椅子に押し付ける
  意識を持とう
3.丸まるときはおヘソを覗き込もう

股関節の運動
1.片脚をできるだけあげる
2.膝は曲げたまま、足を横に振る
3.できるだけ早く動かす

 

 

まずは習慣化を目指そう

毎日全てやれとは言いません。

自分がやり易いものから
各項目一つずつでもやってみよう。

まずは3週間。

 

習慣化するポイントは
自分の快楽を明確にすることが
コツになります。

例えば私はかっこいいと言われると
つい笑顔になるくらい嬉しい。

かっこいいと言われるには
身体を鍛える、自分を律すること。

この両者の答えが僕の習慣化するまでの
モチベーションになってます。

あなたは何が快楽に感じる?

友達と笑って話すこと?
綺麗な女性にかっこいいと言われること?
イケメンの男性に綺麗と言われること?

このように自分の快楽を明確にして
ストレッチや運動を習慣化しよう。

 

各項目1分ずつだとしたら
1日5分の習慣です。

 

1日5分であぐらがかけるように
なるならやれそうな感じがしない?

 

タイミングの重要性

 

ストレッチはお風呂上がりに。
運動は朝やるのをおすすめします。

 

オフィスでやる場合は
ちょっとした息抜きにやるのが
いいでしょう。

 

 

あぐらをかけた先にあるもの

ずっと楽に座ってみんなと呑んで
笑っていられる。

姿勢を何度も直さずに済む。

座ることが楽になる

座敷の席に行く抵抗感が減る

座ってやる作業が楽になる

 

あぐらは様々な時間を充実する
手助けをしてくれます。

 

今からでも遅くありません。

 

体は何歳になっても変えられます。

 

希望を捨てず、どんなところでも
困らない便利な身体を手に入れよう。

-コンテンツ

Copyright© れすトレ.com , 2019 All Rights Reserved.