コンテンツ

プチ断食でダイエット!甘いものを食べながら痩せる!?

投稿日:

 

プチ断食を始めるにあたって

こんにちは!

パーソナルトレーナーの志村です。

 

最近ちまたで話題になっている
プチ断食。

 

皆さんは断食について
どんなイメージがありますか?

 

 

「お腹が空いて仕事に集中できなさそう」

「食べるのを我慢しなくちゃいけないから辛そう」

 

これらのようにマイナスなイメージが
強いように思われます。

 

 

確かに人間の三大欲求の1つである
「食欲」を我慢するわけですから
寝ないことと同等の辛さがありますよね。

 

 

しかも、現代は街を歩いていれば
食欲を沸かすような美味しそうな
ケーキの写真とかたくさんあるから
余計に辛いですよね。

 

 

私も甘いものは大好きで
カフェに行くとつい注文してしまいます。

 

(トレーナーとしてはここは失格か?w)

 

それでも腹筋は割れているし
体はむくまずスタイリッシュな
ファッションを着こなしています。

 

 

なぜそんなことができるのか?

 

 

それは毎日プチ断食をしているからです。

 

 

あなたも甘いものなど好きな食べ物を
食べながら痩せたいのではありませんか?

 

 

そんな甘いもの大好きな
あなたのために「プチ断食」の方法を
まとめさせていただきました!

 

 

しかし、先に言っておきたいのですが
いくら甘いものを食べながらと言っても
その量の加減はしっかり考慮してください。

 

 

さすがに毎日ケーキを食べながら
痩せさせることは難しいです。

 

 

もし、毎日ケーキを食べているのであれば
2日に1回にしてみましょう。

 

 

それだけでまず痩せるでしょう。

 

 

とりあえずは週3回までケーキを良しと
仮定してプチ断食をしてみましょう。
(それくらいならできるでしょ?)

 

 

プチ断食のポイントは食べない時間の長さと、限られた時間内で食べること

 

食べない時間の長さ

 

「断食」と名前が書いてあるくらいですから
食べない時間の長さは重要です。

 

人間は食べることで身体の「炎症」
悪化させ、怪我を治りづらくしたり、
病気を引き起こしたり、老化を促進
させてしまいます。

 

 

逆に食べないと身体は「回復」傾向へ
シフトします。

 

 

なぜかというと身体の中の代謝の役割を果たす
酵素が大まかに2つの役割があります。
それは「消化」と「回復」です。

 

食べ物を体内に入れると酵素は
「消化」の仕事へシフトして
「回復」の仕事は放置します。

 

 

食べる時間間隔が短いと
この「回復」の時間が足りず
身体の炎症を悪化させ、病気だけではなく
肌荒れや抜け毛など美容に影響を与えるのです。

 

 

逆に食べない時間がしっかりとれていると
身体は「半飢餓状態」となり
できるだけ身体の状態をよくしておいて
生き延びようと本能的に働きます。

 

 

そうすると余分な脂や老廃物を排出し
さらにコラーゲンもたくさん作られます。

 

 

そのため脂肪燃焼だけでなく
美肌効果もあることがわかっています。

 

 

実際に高級化粧品を買うよりも
プチ断食をした方が肌がキレイになる
という研究データもあるくらいです。

 

 

食べないということが
これだけのメリットがあるということが
お分かりいただけたかと思います。

 

 

では食べない時間はどれくらいとればいいの?

 

これについては

「14時間〜16時間」

が推奨されています。

 

生活習慣によって変動しますが
14時間あけることは工夫すれば
できるのではないでしょうか?

 

 

3食のうち、抜くとしたら朝がいい

 

 

3食のうち、朝が抜くのがいいでしょう。

 

 

理由は朝は排泄の時間で
身体の中のいらないものを
出そうとする時間帯です。

 

 

そこでまた余計に食べ物を入れてしまえば
かなりストレスです。

 

 

ただ水分をとることは重要。
水分をとり、少し胃に負荷を
かけることで大腸が反応して
活発に働きます。

 

 

更に肛門も緩くなり
便が出やすくなります。
(そう、便秘の人は水分が足りないんです。)

 

 

水分をとる手段としては
白湯がおすすめ!

 

 

温活にも繋がって女性は
生理痛が軽減されたり、不妊対策にもなります。

 

 

また身体の内部を温めることで
目も覚めてきます。

 

 

水分をとる手段として
フルーツもおすすめ!

 

 

「え、断食じゃないじゃん」

 

 

確かに固形物なので断食とは
言い難いですがフルーツは水分が
たっぷり含まれていますから
よく噛めば100%ジュースになります。

 

 

わざわざスムージーに
しなくても大丈夫です。

 

 

口の中でグチュグチュになるまで
よく噛んで食べよう!

 

 

食べる時間は残りの8時間以内に!

 

 

食べる時間は断食時間の
14時間〜16時間の残りの
「8時間〜10時間」以内に抑えましょう。

 

 

この時間内では2食が推奨です。

 

 

少し小腹が空いたらナッツを食べるのが
理想的ですが甘いものが大好きなあなたは
週3くらいまでは甘いものを食べて良し
としましょう。

 

 

週3に減らせたら甘いものを食べないことが
少しずつ習慣になってくるので、週2、週1
と減ってくるかもしてません。

 

 

そうなればもう確実に痩せます。

 

 

プチ断食の努力を無駄にしたくないと思い
前よりも甘いものを我慢するのが
辛くなくなってくると思いますよ。

 

 

一生甘いものを食べちゃいけないと
言っているわけではありません。

 

 

しかし、せっかくプチ断食で
健康的に痩せられる方法をやろうと
しているのだからそれを無駄に
したくはないですよね?

 

 

だから甘いものを食べる曜日を
まずは3日決めてやってみよう!

 

 

まずは1週間から!

 

やり方がわかったところで
まずは明日から1週間やってみよう。

 

 

もしかしたら最初は空腹になれず
辛いと思うかもしれません。

 

 

しかしそれは慣れます。

 

むしろ空腹が心地よくなり
更に満腹が嫌な気分になります。

 

 

3日坊主で終わりそうな場合は
毎日自分の身体の写真を取って
コレクションしていきましょう。

 

 

7つ貯まったら自分にご褒美
ルールを決めてやるのもいいかもしれません。

 

 

少しくらい自分に優しくしないとね!

 

 

何か困ったらSNSのDMか
こちらのお問い合わせフォームから
気軽に相談してください😉

 

-コンテンツ

Copyright© れすトレ.com , 2019 All Rights Reserved.