コンテンツ

体幹トレーニングは緩くやる!腕の力ゼロでも最強のパワーを引きだす体幹術

投稿日:

 

体幹を固めるトレーニングは
スポーツには向かない

 

 

みなさん、体幹トレーニングは
どんなことをやれていますか?

 

 

多いのはこれかな?
って思うんですが。

 

どうでしょう??

 

 

確かにこれも大切な体幹トレーニングで
姿勢を一定に保つトレーニングとして
有効なトレーニングです。

 

 

ですがここで問うのは

「果たしてスポーツをするとき
 同じ姿勢を保ち続けていますか?」

ということ。

 

 

どのスポーツを見ても
身体は捻ったり、曲げたり、反ったり
多彩な動きをしますよね?

 

 

上記の写真のように
ずっと同じ姿勢ではいないと
思うんです。

 

 

スポーツ選手は体幹を
鍛えるとパフォーマンスが落ちる

 

 

ここでいう体幹トレーニングは
いわゆる腹筋や背筋です。

 

 

これらって究極に
体幹に力入れますよね?

 

 

泳いでる時や走る時
そんなにお腹に力を入れられますか?

 

 

僕的に力を入れる余裕なんて
ないと思うんです。

 

 

入れたとしても動きづらく
なると思います。

 

 

なぜか?

 

 

体幹は力を入れない
動かす部分だからです。

 

 

例えば
ドアをイメージしてください。

 

 

このドア、どこを軸に動くかというと
左の扉でいうと「左側の縦ライン」を
軸に動きますよね?

 

 

ではこの縦ライン全体を
木工用ボンドで固めたらどうなりますか?

 

 

めっちゃ動かしづらく
なりますよね?

 

 

できるだけ抵抗になるものは
少なくすることでスムーズに
ドアを開けることができます。

 

 

これは体でも同じことが言えて
体幹という軸をいかに緩めて
身体を動かしやすくするかというのが
パフォーマンスを上げる上でとても大切なのです。

 

 

体幹を緩めるトレーニング

 

 

ドロップショルダーローリング

 

 

 

*ポイント

 

・体幹と床を平行にして行います。

・肘や手は完全に脱力(なされるがままにする)

・体幹を揺さぶる

 

 

*注意点

 

・腰痛がある人は前に屈む角度を小さくしましょう。

・50回くらいを目安に行いましょう。

 

 

シーテッドローリング

 

 

 

*ポイント

 

・体幹を振り、腕はなされるがままにします。

・目線は真っ直ぐ前を向いたまま行います。

・つま先を立てて座るとついでに
 足裏のストレッチになりますw

 

 

*注意点

 

・腕から動かさないように注意。
 体幹を動かしてそこに腕がついてくる
 イメージです。

 

 

 

まとめ

 

少し驚くことも書いたかもしれませんが
確かに基本的な腹筋背筋は必要です。

 

 

ですが、腹筋背筋を鍛えるのは
お年を召して普通に立てなくなってきた
人が行うトレーニングです。

 

 

大切なのはそこから
機能的に動かせるかどうか。

 

 

今回はそのための第一歩としての
トレーニングの紹介でした!

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

質問は以下よりください!!

https://bit.ly/2ZrEAyY

より深く身体のことを学びたい方は
私のオフィシャルブログへ!

https://rest-training.com/

更新率高め!!

身体が進化するツイッターアカウント!

https://twitter.com/pontaka_e_map

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

-コンテンツ

Copyright© れすトレ.com , 2019 All Rights Reserved.